予防歯科

トップ | 予防歯科

予防歯科について

定期的なフッ素塗布でお子様の『ムシ歯ゼロ』を目指しましょう

歯磨きのペーストにもフッ素入りのものが多く出ていますが、フッ素は歯質を強化します。 フッ素は紅茶などのお茶類に多く含まれているので、お茶を常用することは自然に歯を強化することにつながります。

フッ素塗布は、歯の表面に歯磨き剤よりも高濃度フッ素を塗ることで、虫歯に対して抵抗力のある歯質をつくります。 とくに生えたての歯質に塗ることは歯質強化に有効です。 また、3~4ヶ月間隔でフッ素塗布を行なうことで、歯質強化の持続とともに、お子様や保護者の皆様の口腔衛生に対する意識を高めていただき、お子様の歯が虫歯にならないようにしていただきたいと考えます。

当院では、まずお子様自身の歯磨きやお母様の仕上げ磨きのチェックをします。それから歯科衛生士がフロスやブラシを使って歯と歯の間や溝・歯肉縁など汚れが残りやすい箇所もくまなくきれいにし、フッ素塗布用のペーストを歯にすり込むように歯を磨きます。

フッ素塗布をした後は、30分間はうがいや飲食を控えていただきます。 ペーストはお子様が口に含んでも安全で刺激がないため、ほとんどのお子様はつばをティッシュでぬぐっていただくくらいで、うがいも我慢できています。

当院では、お子様が口腔衛生に対して意識を高く持ち、自分でプラークコントロールができる年齢になるまで、定期的にフッ素塗布をくりかえすことで、『高校卒業時ムシ歯ゼロ』を目指しています

フッ素塗布の料金 (自費診療になります)    1回につき・・・・・1,050円(税込み)

トップへもどる