審美歯科

トップ | 審美歯科

ダイレクトボンディング

表面が傷つきにくく、より透明感を出せる材料を使います
硬度も保険適用の白い詰め物より高く前歯に適します。

前歯の隙間をダイレクトボンディングで修復したケース

前歯の隙間をダイレクトボンディングで修復したケース
前歯の開きが気になられて
来院されました。
前歯の隙間をダイレクトボンディングで修復したケース
前歯の隙間をダイレクトボンディングで修復したケース
ダイレクトボンディング後

 

院長からの説明

保険治療で虫歯に詰める白いプラスチックと同様の作業で使用できる材料を使います。
保険のプラスチックより硬度が高いため強度を要する前歯の角を形作った り保険のプラスチックでは磨り減りやすい奥歯の穴に詰めることもできます。
表面も硬く傷つきにくいため変色しにくく、色調も象牙質色・エナメル色と積層で きるため透明感が出せます。 前歯の詰め物の変色や前歯の隙間が気になる場合、前歯の形を少し変えたい場合などには、歯をほとんど削らなくても済んだり、冠 を被せて修復する方法に比べて歯の切削量は少なくて済みます。
そのため神経のある生活歯にはダメージの少ない方法と言えます。

トップへもどる